概要

内定というのは、辞書からの翻訳は非正式決定。まだ公布してないけど、もう決めたことです。
就職活動において内定のは、始期付解約権留保付労働契約と呼ばれる一種の労働契約のことである。一般的な意味と異なり、この場合は正式に労働契約が成立している。
一般に学生が卒業するにあたって、在校中に締結される、卒業後を始期とした労働契約のことである。つまり「卒業後は御社で働きます/卒業後は貴君を我が社で雇用します」という契約である。
また、言われる中途採用などにおいては始期の決まっていない採用通知のこと。労働契約の成立には双方の承諾が必要であるため、一般には採用通知後にそれを受け取った労働者側(あるいは学生側)が契約を承諾することが必要となる。新卒就職における協定上、内定式以前であれば「内々定」であり、内定式以後であれば「内定」となる。
でも、現在、個人起業会社が増える一方で、正式の契約も漏れる事がある。もう一つの原因は就職難ですね。




▲ページトップに戻る